四季折々の水中風景が楽しめる沖縄ダイビング

マリンスポーツというのは人気のスポーツですが、四季のある日本ですとやはり夏場の暑い時以外はそうそう楽しむことが出来ません。

しかし、季節を問わず楽しめる場所というのが常夏の沖縄で、沖縄ダイビングは四季を問わず多くの方が訪れています。

沖縄ダイビングの魅力と言えば、やはり季節によって変わる水中世界の景色です。

沖縄というのは常夏ですから海中もそれほど風景が変わらないと思われがちなのですが、実は春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の全ての時期に応じて様々な顔を持っています。

3月4月は魚にとっての出産シーズンで、5月頭の大型連休の頃には生まれたばかりの幼魚が見ることが出来ますし、6月7月には珊瑚の産卵季節です。

8月~10月はマンタを始め、カラフルな熱帯の魚で賑やかですし、冬場にはクジラやマグロなどの大型の魚も多く見られます。

1年を通して同じ顔が無いというぐらい多種多様であり、沖縄ダイビングの魅力に取り憑かれた人がリピーターとして通う理由でもあります。

一度や二度訪れただけではとてもではないですが、その魅力を満喫することは出来ないでしょう。

沖縄でダイビングを扱っている店というのはたくさんあり、その店ごとに実は得意としている部分が違っていたりしますから、これから沖縄ダイビングを楽しもうと考えている方は、そういった違いをしっかり把握して最適の店を探しておくと良いでしょう。