ダイビングの聖地・沖縄のダイビングスポット

ダイビングは何と言っても無限の海と人間が魚のように一体になる喜びでしょう。

ダイビングはそれ自体が楽しく、面白く、其処に広がる新鮮な世界は、今まで考えたことも、見たこともなかった未知の青の空間を演出してくれて、感動的な体験が確かに得られます。

それは豪快に水しぶきを挙げながらなジャンプをするザトウクジラ、世界でも最大とされ翼を大きく広げて悠々と泳ぐジンベエザメやマンタの姿、ダイバーはそれらの姿を目の前にしながら体験でき、大海は常に驚異と驚嘆をもって我々ダイバーを迎えてくれます。

そんなダイビングスポットといえば、四海を海に囲まれている日本の各地の海岸がそうでありますが、しかし何と言っても国内でも屈指と言われるダイビングスポットは南国亜熱帯の沖縄の海でしょう。 沖縄はダイバーにとっては聖地と言っても過言ではないところです。 沖縄そのものも諸島で構成されていて石垣、西表、宮古の各諸島もありますが、何と言っても一般的なのは全てが揃っている本島でしょう。

沖縄本島の海でも特にダイビングスポットとしては、那覇より近いところでは北谷エリアで、海底遺跡を観る様な不思議な光景、地形が不思議なポイントでしょう。 最も有名なのが恩納エリアで、ダイビングだけでなくリゾートライフも楽しみたいダイバーにはこのエリアがオススメポイントでしょう。 ポイントは船で行くことになりますが数分ぐらいの海域に多いため、短い移動時間で多くのポイントを楽しむことが出来ます。 他にナカユクイ地区(ナカユクイとは、沖縄方言でひと休みという意味です)で、海面下、真白に続く砂地に繁るサンゴの群がとっても美しく、そのサンゴの上には無数の「スズメダイ」が群れている様子は、正に熱帯の楽園そのものです。 他にも本島のダイビングスポットは沢山あります。